Blogブログ

知っているとためになる髪のこと、美容師の技術的なことなどをお届けします。

スタッフおすすめの東京ビストロ!

Bonjour ! Comment ça va ?
フランス大好きスタッフによるフランスシリーズ
今回はスタッフおすすめの東京ビストロです。
これを書いてる今はもうすぐ冬。
ホットショコラなどもいいですねー!
ストーブのある外のテラスも大好きです。

まず

Qu’est ce qu’un bistro?

ビストロとは。。

日本でも、喫茶店、居酒屋やレストランなどと外食産業の中でもたくさんの呼び方があります。
まずは、言葉の説明を少ししてみましょう。

「boulangerie」
ブーランジェリー。
これはパン屋さんのことです。フランスには本当にたくさんのパン屋さんがあります。

「café」
フランス語でコーヒーという意味もありますが ( フランスで Un café s’il vous plaît !アンカフェシルブプレ。と言うとエスプレッソが出てきますのでご注意を。。。)
Café にはコーヒーから軽食まであります。私たちの思っているカフェと同じですね!

「bistro」
ビストロは日本語で言うとみなさん一度は必ず行ったことあると思う居酒屋です。
テーブル同士も近くワイワイとした雰囲気で気軽にお酒やワインや食事を楽しめるところです。日本にもたくさんありますね〜。

「brasserie」
そしてブラッスリー。
ビストロよりカジュアルな庶民的レストラン。ビストロより気軽な大衆居酒屋、といったところでしょうか。
もともとはビールの醸造所と言う言葉から来ていてお酒を飲みに行くようなイメージです。

パリでは相席もありましたねー。

「restaurant 」
そしてレストラン。
こちらはみなさんが思うフランス料理店ですね。コースで前菜からデザートまで出てくるお店が多いのでしょうか。
より高級感のある宿泊施設付きのオーベルジュや、格式ある料理店を指す「グランメゾン」といった呼び名もあります。
洋服もスマートカジュアルからフォーマルまでドレスコードがあるお店が多いと思います。
これらの分類はフランスでもはっきりと分類されてるなかったりするので気分やTPO、一緒に行く人に合わせてセレクトするのいいでしょう。

そして今回のスタッフのおすすめのお店はこちら。
「Aux bacchanales 」オーバカナル
http://www.auxbacchanales.com/concept/index.html

ナントに勤務したことがあるスタッフと日本にあるフランスを感じるため、フランスにいた頃のピリッとした気持ちを取り戻したいときによく行くお店です。銀座や紀尾井町にあります。
ブーランジェリーも併設していて、カフェとしてもビストロとしても使えます。お店の雰囲気もギャルソンがいてパリにいるんじゃないかと思う内装。
お客様もフランス人が多く、店内に聞こえるスタッフのフランス語も心地よくついつい長居してしまいます。

この日はたまたま、隣でコーヒーを飲んでいたフランス好きのムッシュが乗る世界中に根強いファンのいるシトロエンの2cvがお店の前に止まっていました。

先日はランチの後にケーキまで♡

時には午後の心地よい時間に
フランス語のレッスンの宿題をやってみたり。。。
美味しいランチとケーキを食べた後は、ほっこりしてしまうのであまり捗りませんが。。。
日本にあるフランスを感じられるお店。
みなさんもよろしければどうぞ!

関連記事