Blogブログ

ファゴスタッフブログ

  • HOME
  • ブログ
  • 明るめの白髪染めって白髪はどのくらい染まってるんですか?

明るめの白髪染めって白髪はどのくらい染まってるんですか?

こんにちは!

白髪染めをしている方や、これから始めようとしている方は、白髪を〝薄く染める〟〝しっかり染める〟といった言葉を白髪染めの仕方の言い回しで聞いたことはありませんか??

白髪染めの薬が白髪に〝薄く入る〟とか!それって、実際どのくらい染まるの?って思う事もあるんじゃないかと思います。
そこで今日は、白髪の毛束を使って、どんな感じなのか、お見せしてお伝え出来たらなと思います!

白髪が結構多くて、でも、白髪染めをしても今までみたいに早い周期で染めなきゃいけないようなカラーはやめていきたい。

まず、そんな方の髪の毛には暗く染めるんじゃなくて、明るく染めたりします!

写真を見てみてください。

毛束明るい白髪染め
毛束明るい白髪染め
毛束明るい白髪染め

この感じ、、白髪が薄く入るというのはこんな感じです。ちょっと色味が入ると、真っ白い白髪から淡いグレーのような、黄色みのあるベージュになりやすいです。

逆に、なるべく白髪をしっかり染めてほしい、けど、黒いのは嫌。そんな方向けの、白髪がしっかり染まっているというカラーはこんな感じです!

毛束暗い白髪染め
毛束暗い白髪染め

色々言葉では聞いてきたけど、実際どんな仕上がりになるのか、やってみないとイメージできなかったこともありますよね。
毛束の説明で、少しはご自身の白髪でイメージしやすくなりましたか?

そして、因みにですが、白髪染めのお薬ではなく、オシャレ染めのお薬をミックスして、白髪染めしながら明るくしたり、暗めでしっかり白髪染めをしながら好きな色味を出しやすくしたりします。(←アッシュやオリーブや、ピンク系などの色味です)

白髪の染まりがよい髪の毛、染まりが弱い髪の毛など髪質は様々です。
なので、お客様にお見せしているカラーチャートから選んだ薬剤で染めたからと言って、見本と同じように染まるとは限りません。
どんな風に染まるのか、いつも担当しているスタッフが一番よく分かっています。
どのくらい白髪染めを持たせたいのか、白髪はしっかり染めなくてもいいから毎回明るい白髪染めのカラーや、また違うデザインカラーをしていきたい、などのご要望に合わせてお薬を変えていきますので、何でもご相談ください。

所沢店では、毛束の実物を写真ではなく、生で見ることもできますので、是非お声掛け下さい😊

所沢店 KIYOMI

関連記事