fbpx
Blogブログ

知っているとためになる髪のこと、美容師の技術的なことなどをお届けします。

  • HOME
  • ブログ
  • 【RACOURI 開発裏話④】全てを叶えるオイルは本当に実現できるのか?

【RACOURI 開発裏話④】全てを叶えるオイルは本当に実現できるのか?

マルチオイルと蓋

こんにちは、マルチオイルの開発を主に担当しました齋藤優香です。

前回お話しした“このオイルで実現したいこと”を最初に研究所に伝えたら、はじめはかなり困り果てていました。
このすべてを一本で叶える理想のオイルは本当にできるのか…。

スタイリングの機能を高めると、乾かす前のトリートメントとしては重くなったり、髪なじみが悪くなったり、べたついたりしてしまう…。
トリートメントとスタイリング剤としての両立は、私が思っていた以上にとても繊細で難しいものでした。
肌につけることも前提に考えていたので、ビタミンEを多く含んだアルガンオイルと、髪や肌に馴染みの良いグレープシードオイルを主に採用して、粘度や質感の微調整を何度も繰り返しました。

一時は、速乾性や髪に均一につけられるようにと、スプレー式にすることも考えて中身を作り替えた時期もありました。
しかし、逆に不均一に髪についてしまったり、飛び散ってしまったりなど、色々な問題が出てきました。
中身と容器のバランスはとても難しく、その都度何パターンもテストしては作り直しを繰り返し、ようやく思い描いたバランスに仕上がりました。

しかし、コロナ禍において世界中で容器不足が起こっていて、ようやく見つけた容器も数を確保することができなかったりして、本当に最後まで苦労しました。
容器に関しては、ハンドクリームとの統一性やインテリアとしても生活の邪魔にならないシンプルなデザインを目指しました。
女性の手に収まる持ちやすいサイズ感、オイルタイプで最も問題になりやすい、適切な使用量の調整が可能なディスペンサー…などなど。
忙しい女性達が使いやすく携帯しやすい商品にすることには徹底してこだわりました。

香りに関しても、シトラス系の香りに奥深さをプラスするためにフローラル系で何の花の香りをプラスするか?など、最後の最後まで何度も微調整しました。そしてついに、ダマスクローズの香りを贅沢に配合した『プレミアムシトラスローズの香り』が完成しました。

気付いたら、完成までになんと2年半という時間を費やしていました。
もう直ぐ完成か、という頃にコロナウイルスの感染が広がり、容器不足が深刻化して一時はもうダメかもと諦めかけていた時期もありました。

こうして、自分たちが徹底的にこだわってきた商品をようやく皆様にお届けできる日を迎えることができて、心から喜びを感じています。
まだまだ終息の見えない今ですが、ラクリの商品が皆さまのお手元に届き、プレミアムシトラスローズの香りに包まれ、心休まる時をお過ごしいただけたらと願っています。

Makuakeにて1/12まで発売中!!

関連記事