Blogブログ

知っているとためになる髪のこと、美容師の技術的なことなどをお届けします。

もう大丈夫!失敗しない前髪カット

何だか顔まわりがパッとしなくなってきた。少し新鮮さがほしいな…
なんていう時、メイクを変えるより簡単に印象を変えられるのが前髪です。

しかし、サロンでは「前髪カットに失敗したのでどうにかしてほしい!」なんていうオーダーを受けることもあります。

今回は、そんな前髪のセルフカットにおいてここだけ守れば失敗しない!
当たり前のようだけど忘れがち⁉︎なポイントをお伝えしていきます。

1.どこまで切るのか

よく聞くセルフカットの失敗談に、自分で切ってみたら変に感じて、”気づいたらすごく短くなってしまった”というものがありますよね?

カットをする前に、”眉より上は切らないようにしよう!”
というように、初めに決めておきましょう。そして必ずそのことを忘れないように!

2.乾いた状態でカット

もうひとつの失敗談は、髪の毛を濡れた状態でカットして、
”乾かしたら上がってしまった…” です。

生えグセで毛が立ち上がってるタイプの方は、かなり上に上がってしまうケースも!

後で後悔しないように、なるべくギャップのない乾いた状態で切りましょう。

3.真ん中の髪より両サイドの髪は気持ち長めに!

(真ん中は、両黒目の内側分の髪のこと)

自然なデザインの前髪は、真ん中から少しずつ長くなっていることが多いんです。
もちろん、お好みでパッツン前髪や、V字前髪もあります。

でも、サイドの髪が真ん中の髪よりも短くなると、よりお顔のパーツを強調することになるので、自然にお顔に馴染むデザインではなくなる上に、周りの髪とのなじみもよくありません。

ですので、自然なイメージに仕上げたければ、真ん中から切り始め、次に両サイドを切っていくように進めると失敗しにくくなるんです。

 

最後に。
既にご存知かもしれませんが

”ハサミは縦に入れた方がいいの?”という疑問。

ハサミを縦に入れると毛先が不揃いになりますし、横に入れると毛先がハッキリと出やすくなります。
パッツン前髪にしたい時は横に入れるのがおススメですが、少しずつ様子を見て切りたい時は、縦にハサミを使った方が毛先がなじみ、ご自身もびっくりされないと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

ファゴでも前髪カットメニューがあり、お気軽にご利用頂いております。
真ん中だけ立ち上がってしまったり、まっすぐに下りてくれなかったりと、前髪の生えグセは様々ですが、ご要望に合わせて、そしてバッチリ似合う前髪も提案させて頂きます!

「お家で失敗しちゃったから直してくださ〜い」という方が少なくなることを願っています。

お子様のカットをお家でされる方も結構いらっしゃると思いますが、この3つのポイントはお子様のカットでも使えますので、挑戦する時の参考にしてみて下さい☆

関連記事

  • 関連記事はございません。