Blogブログ

知っているとためになる髪のこと、美容師の技術的なことなどをお届けします。

『スタイリング剤 』どう選ぶ?

スタイリングにかける時間は人それぞれですが、朝のバタバタした時間の中で髪の毛にかける時間は5分〜10分ぐらいでしょうか?

女性はメイクもしなければいけないので、メイクとヘアーにかける時間の割合が8:2ぐらいですかね?

スタイリング剤もドラッグストアでたくさん並んでいる中のどれを選んだら良いのかわからず、悩まれる方も多いかと思います。

今回はそんなお悩みを解消するためのヒントをご紹介したいと思います。

〜髪のベースの作り方〜

朝シャンプーされる方も、夜のうちにシャンプーされる方もいらっしゃると思います。
朝シャンプーされる方はいいのですが、夜シャンプーされる方は、朝起きて寝癖がスゴイ!なんて方もいらっしゃるのでは?

夜シャンプーされる方は夜のうちに乾かしておくのがベストですが、半乾きのままや濡れたまま寝てしまうこともあると思います。髪が濡れた状態だとダメージを受けやすい状態なので、寝ている間に枕に擦れて髪に負担がかかってしまったり、菌が繁殖してニオイの元頭皮トラブルの原因になってしまうので、基本髪は乾いた状態で寝るのが好ましいです。

ドライヤーをかけてブローしたりブラシを通しておくだけでも朝の寝癖が出なくなります!!

〜ベース剤、スタイリング剤を選ぶコツ〜

まず、乾かす前には必ずベース剤をつけることをオススメします。
これからの時期ですと乾燥が一番のお悩みかと思います。お肌もそうですが、化粧水をつけたり乳液で保湿したりしますよね?それと同じで、髪にもミストやクリーム、オイルをつけます。

ベース剤の役割
1.ドライヤーの熱から髪を守る
2.髪の癖を直す
3.形をつけやすくする
4.ツヤや手触りをよくする
5.頭皮のケアから髪そのものを強くし根元を立ち上げる

オススメベース剤
<資生堂ルミノジェニックプロテクター>

<アリミノ スタイルクラブ スムースオイル>

<資生堂 フューチャーサブライムボリュームセラムorトータルケアセラム>

次に『朝の気分を盛り上げるアイテム』スタイリング剤ですが、ご自分のなりたいイメージを作ると分かりやすいと思います。雑誌を見たり、ドラマやCMの憧れの女優さんをイメージしたり、こんな女性、男性になりたいという思いやご自分のコンプレックスを解消したい、それらを両方叶えるスタイリング剤をお探しでは?

<髪質別>
硬毛の方
この時期は特に乾燥が気になります。このスタイリング剤は、オイル系でパサつきを抑え髪をしなやかにしてくれるので良いと思います。
<資生堂オイルアンリミテッド ベルベット>

細毛の方
ハリコシを出したいので、重くならないミスト系や、熱によって形をキープしてくれるオイルやミルクがオススメです。スプレーでハリコシを出すものもあります。素髪感が出せ、髪に何かが付いている感じがしないものもあります。
<アリミノ ヒートプロテクトミストorスムースオイル>

クセ毛の方
熱によって形をキープしてくれるオイルやミルク(ブローやアイロンすると尚良い)、または保湿力の高い重めのオイルも良いと思います。
<アリミノ スムースオイル>

ストレートの方
ストレートのサラサラ、ツヤツヤを損ないたくない方は、ミストタイプやスプレータイプで更にツヤを増したり潤いを足したりするのが良いと思います。
<資生堂ルミノフォース グロススプレー>

<イメージ別>
ウェット感
女性、男性問わず定番はジェルですが、最近はジェルワックスやジェルクリーム、グリースなどもよく使われます。
<アリミノフォーカール カーリーワックス>
<アリミノフォーカール リッジジェリー>

マット感
メンズにも多い、マット系の質感になるワックスやスプレーもあります。
<資生堂グルーミングシリーズ ワックス>
<資生堂ステージワークス パウダーシェイク>

素髪感
ストレートの方と同じように、ご自分の髪のまま何もつけた感じがしないのがお好きな方は、ベース剤をつけて軽く仕上げに艶出しスプレーだけでも良いと思います。
<資生堂フューチャーサブライム デンスフィールプライマー>

パーマスタイル
パーマをなるべく長持ちさせるコツは、ウェーブの状態を保つことです。寝る前のベース作りも大事ですが、手軽に軽く濡らしてムースやミスト、ジェルクリーム、ジェルワックス等を毛先の中心につけるのがコツです。
<アリミノフォーカール ルージングフォーム>
<アリミノフォーカール カーリーワックス>
<アリミノフォーカール リッジジェリー>

最近では、同じ形状のものもタイプ別に分かれていて、ソフト系からハード系まであったり、髪質や「なりたい」が分かりやすいようにネーミングされているものもあります。基本は、どれを使っても全体的にムラなくつけることが大切なので、髪の多い方や長い方は、髪の毛を上と下半分ぐらいに分けてスタイリング剤をつけることも、お時間がある時には試してみてください。

ドラッグストアにはたくさんのスタイリング剤やベース剤が並んでいます。最近では、CMや雑誌でイメージアピールしているものや、使い方が詳しく動画でネット上にアップされていて、それを参考に選ぶ方も多いと思います。でも、選ぶのは自分ですし、それが合っているかどうかも分からず、買ってみて使ってみて失敗し、いくつも使わないスタイリング剤がドレッサーの上に並んでいる方もいるかもしれません。

FAGOTに行って担当のスタッフにご相談されるのが間違いないですが…(笑)

関連記事