Blogブログ

知っているとためになる髪のこと、美容師の技術的なことなどをお届けします。

ヘアスタイルの似合うかどうかはどこで決まる?

今回は、私たち美容師がどのようにしてお客様のヘアスタイルを似合わせているかをご説明していきます。

髪型を変えようと思った時、似合うかどうかとても不安ですよね?

ましてや、はじめてイメージチェンジにトライする時や、ロングからバッサリ切る時は尚更ですよね。

もし迷っているお客様に美容師として1つ質問させて頂けるなら、
『ほかの人のヘアスタイルを見て素敵だなぁと思った時、あなたはどこが素敵だと思いますか?』
『そんなことは、当然ヘアスタイルが素敵にみえること』だと、思うかもしれません。

ですが。。。。。実は意外なロジックがあるのです!
単純なようですが、

実に明解な似合わせの法則は、その人の『お顔がよりよく見える』ということです。

実は、ほとんどの人が『ヘアスタイル自体が素敵だ』と思っているケースはごく稀で、その人のお顔立ち、輪郭に調和した髪型かどうかで初めて素敵な印象になるのです。

そのため、お客様のお顔立ち、お顔の輪郭、頭の形、髪質それぞれのセクションにおいて、美容師が即座に判断し、調整しようとしている足し算引き算の法則がいくつかあります。

今日はそれを少しご紹介していきます。

たとえば、ヘアスタイルのフォルムについて。

Before & After

ロングヘアは、アイライン(縦の長さ)を強調するスタイルです。
なので、モデルさんのお顔は比較的縦に伸びて見えやすくなります。さらに、前髪がないのでお顔の内側のデザインも縦が強調され、フラットで大人びた印象を与えます。

 

右のショートヘアにすると、印象はどう変わったでしょうか?

外側の輪郭の変化にご注目ください。

ショートヘアだと、お顔の輪郭を自然に包んで、トップ、顎、その中間を横に引っ張り出すようなダイヤ型が作られます。そうすることで人の視線は上に上がり、お顔の方に向かいやすくなります。

更に、レイヤーの丸みや柔らかさは、縦の直線的でクールなイメージとは逆に、明るく親しみやすい印象を与えています。

前髪のデザインも重要なポイントです。

前髪なしの時よりも前髪を作った右側の方が、瞳の位置が下に見えませんか?

これは髪型の輪郭以外にも内側のデザインがお顔立ちに大きく影響していると言えます。

前髪がないと、おでこの生え際からお顔が始まっているのですが、前髪があると、正面から見てトップの髪からお顔が始まっているという錯覚がおこります。

これを利用することで、誰からも愛されるあの赤ちゃんの顔バランスに近づいていきます。

ですから、右側の方が若々しさ、フレッシュさが際立っているのです。
先程ご説明した、お顔そのものが良く見えるというテーマを思い出してみてください。
なんとなーく、見えてきましたでしょうか?

お客様が、あるヘアスタイルを素敵だと思ったら、そのヘアスタイルになりたいという気持ちを大切に、実現させるのが私達の仕事です。

でも、全ての人に同じ切り方と寸法をとってるわけではないのです。^_^

全く同じお顔立ちの人がいないように、お顔を良く見せるためには、その人に合わせたサイズ感でバランスをとります。

他にも様々な要素を組み合わせながら、お客様一人一人に合わせた髪型を作っています。

ですから、思い切ってスタイルチェンジする時も、安心してお任せ下さい‼︎

関連記事